実は高額!?クレジットカード現金化の手数料について解説


クレジットカード現金化の手数料について解説

 
あなたは換金率で現金化業者を選んではいませんか?

現金化業者を選ぶとき、換金率は我々消費者にとってとても大切な比較要素です。
優良店ほど換金率が高い傾向にありますので、高換金率の現金化業者を探すのも決して間違った方法ではありません。

しかし、換金率だけに目を捉われていては痛い目を見ることになってしまうでしょう。
というのも、クレジットカード現金化では換金率のほかに引かれる手数料が存在しているのです。

換金率だけ見ていると悪質業者に騙されて大切なお金を失ってしまうかもしれません。

今回はクレジットカード現金化で換金率に密接する手数料の存在についてお話します。

 

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組みについて

 
手数料の前にクレジットカード現金化の仕組みをカンタンにお話しようと思います。
手数料を知るために必要な知識なので、もう知っている方も復習しておいてくださいね。

クレジットカード現金化はショッピング枠を換金する行為のことです。
利用者のクレジットカードで商品を購入し、現金化業者に売却することで換金率を引いた金額を現金として受け取ることができます。

換金率の相場は80%前後だと言われており、現金化業者によって異なりますので1%でも高い換金率で現金化をしてくれる業者を探すと良いでしょう。

仕組みについては『クレジットカード現金化の仕組みを解説!カードでお金を作る驚きの活用方法』でお話していますので、こちらをご覧ください。

 

クレジットカード現金化の手数料とは?

クレジットカード現金化の手数料とは?

 
クレジットカード現金化には換金率の他にも入金額が引かれることがあります。
それが手数料です。

この手数料は現金化取引にかかった費用のことであり、現金化では利用者が負担しなければなりません。
そして、こちらは換金率とはまったくの別物として扱われていることがほとんどなのです。

そのため、手数料を知らずに現金化をしてしまえば「換金率98%」だと言われていても入金の直前に不当な手数料を差引かれてしまいます。
結果、換金率は60%~70%となってしまい、損な取引になってしまうのです。

低い換金率で取引にならないためにも現金化をするときは手数料について知っておかなければなりません。
 

  • 1.商品配達料
  • 2.振込み・入金手数料
  • 3.カード決済手数料
  • 4.消費税

 
現金化ではこの4つが手数料として必ず掛かります。

ひとつ1つ手数料をお話していきますので、その明細を確認しておきましょう。

 

商品配送料

現金化の手数料の商品配達料

 
商品配送料はそのまま、利用者の手元に商品を送るときの料金です。
現金化では商品の売買をして我々消費者にお金を渡していますので必ず商品のやり取りはあります。

これは絶対に掛かる手数料だと覚えておいたほうがいいでしょう。
とはいえ、家電などの大きいものでなければ1,000円程度と大した金額にはなりませんので安心してくださいね。

 

振込み・入金手数料

現金化の手数料の入金手数料

 
お金を入金するときにかかる手数料です。
入金する銀行口座によって金額が変わりますので現金化業者に尋ねてみるのが良いでしょう。

とはいえ、こちらも多くて700円程度しかかかりませんので、こちらもそこまで重要視しなくて良いでしょう。

 

カード決済手数料

クレジットカード現金化決済手数料

 
クレジットカードを使うと決済手数料がかかります。
この決済手数料は利用金額の5%~8%ほどで、これがカード会社の利益となるワケです。

そして、このカード決済手数料は店舗が負担するのが一般的なのですが、クレジットカード現金化では利用者が負担することになってしまっています。
そのため、クレジットカード現金化では換金率が低くなってしまうのです。

カード決済手数料として最大8%かかりますので、現金化で換金率92%以上で取引ができることはありません。
現金化業者に換金率92%以上を提示されたら間違いなく悪徳業者なので利用しないように注意しなければなりません。

 

消費税

消費税

 
クレジットカード現金化では商品を売買してお金にします。
そのため、売買のときにかかる消費税が発生してしまうのです。

現在、消費税は8%となっており換金率から8%引かれてしまいます。
こちらも必ずかかる手数料となっており、我々消費者が負担するモノとなります。

また、現金化業者の中には「消費税は手数料ではない」とのヘリクツで手数料を聞いても消費税を含めてこないケースがあります。

手数料を聞くだけでなく、別途に消費税はどうなっているのか現金化業者に聞いておいたほうがいいでしょう。

 

クレジットカード現金化の手数料のまとめ

クレジットカード現金化の手数料のまとめ

 
いかがでしたか?

クレジットカード現金化ではこのような4つの手数料がかかります。
そのため、サイト内に書かれている換金率では取引をすることができないのです。

これはどこの業者を利用しても同じことなので注意してくださいね。

また、少しでも高い換金率で現金化をしたいのであれば優良店で現金化するのがオススメです。

優良店と呼ばれる現金化業者は基本的にリピーター確保に力を入れており、利益を最小限にして消費者に還元しています。

そのため、表記の換金率では取引をすることはできませんが、換金率80%~85%で現金化ができるのです。

高換金率で取引ができる現金化業者はこちらでご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。