クレジットヒストリーを回復する方法は存在する!その手段とは?


今では、私達の生活の一部となっているクレジットカード。
このクレジットカードに大きく関係する問題のクレジットヒストリーに関してご説明させていただきます。

もしかしたら聞きなれない単語かもしれませんので、まずはどういう意味なのかを皆様に知ってもらいたいと思います。

クレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリーとは?

クレジットカードで買物が出来たり、時には現金を借り入れする事が出来るのには大きな理由があります。
勿論、カード会社の審査を終えれば利用する事が可能になっています。

問題はクレジットカードを手にしてからの行動です。
この行動が、クレジットヒストリーに大きく関係することになります。

クレジットカードの主な利用用途としては商品を購入したり、現金を借り入れできるようなサービスを受ける事が可能になっています。

当然決められた期限までに料金を支払わなければいけません。
この支払い期限を守っているか否か?という事がクレジットヒストリーその物になるのです。

クレヒスとは支払いの履歴

支払いをしっかりしていればクレヒス(クレジットヒストリー)が悪くなる事はありません。
しかし、支払いが遅れたり支払っていなかったりした場合、クレヒスが悪くなりカード会社の信用が無くなって最悪の場合カードの利用停止に至ってしまう場合があります。

どこまで影響が出るのか?という事ですが、クレジットカード会社に限った事ではないという事を自覚しておきましょう。

クレジットカード関連の支払い遅れなどは、信用情報機関に報告されます。
この信用情報機関は最低でも全てのクレジットカード会社と共有されてしまいます。

その為、今後のクレジットカードの発行やローンなどの手続きに多大な影響を起こすようになってしまうのです。

では、ここでクレヒスが悪いとどうなってしまうのかを簡単に見ていきましょう。

クレヒスが悪いと起こる影響

クレジットカードの契約を打ち切られる
新しいクレジットカードの発行が出来なくなる
ローンを組めなくなる

以上のような事が起こる可能性がクレヒスの悪評価と比例して高くなってしまうのです。

最悪の場合就職活動にも響くと言われています。

確かに、純粋に考えれば「信用が無い」「金銭面の管理が大雑把」というようなレッテルを貼られてしまいます。
採用する側の人間からすれば信用が無い人をわざわざ雇うというような愚行を行うでしょうか。

お金にだらしの無い人という事は最悪の場合、横領などのリスクを考えてしまうのは会社側としては当然の事と言えるでしょう。
その為、就職活動の面でも充分すぎる程の影響を及ぼしてしまうのです。

当然、クレジットカード現金化というサービスにも決定的な影響が及んでしまいます
過去に何度もお金を貸しているのに現金が一円も返って来ない友人に、現金を貸したくはありませんよね?

身近なクレジットヒストリーは上記のような事で違いは個人間の問題か、個人と会社間の問題か?とう事です。
結論を言うと、クレジットヒストリーが悪いともうどこの会社も信用してくれなくなってしまうのです。

クレジットヒストリーの悪化とは?

クレジットヒストリーの悪化とは?

クレジットヒストリーが悪化し続けると、どの会社でもカードを作る事が出来なくなってしまいます。
例え審査が甘いといわれている会社でも新しくカードを作る事はできません。

一度このような状態に陥ったらもう二度とカードを作ることは出来ないのでしょうか?
信用情報というのは常に保管されているものです。

しかしこの信用情報には保存期間が設けられています。

申し込みの情報は6ヶ月
クレジット情報は契約の終了から5年間
利用記録情報は6ヶ月

こちらを見れば解かるかと思いますが、クレジット情報に関しては5年間の時間が掛かってしまいます。
つまりブラックになってしまった人は5年間クレジットカードが作れない状態になる、という事と変わりありません。

更に契約の終了からという事なので、5年なのでもしも支払いが終わってなければ支払いが完了するまでの期間がプラスされてしまいます。
ですが情報が保管されている期間が過ぎればまた再びクレジットカードを利用する事が出来るという事になります。

ですが100%元に戻るわけではありません。
審査の厳しい会社のカードは作ることは難しいでしょう。

クレジットヒストリーを回復させる事は可能?

クレジットヒストリーを回復させる事は可能?

一度悪化したクレヒスを再び回復させる事は可能なのでしょうか?

実は可能です。

方法としては、審査の甘いクレジットカード会社と契約しそのカードを利用して、滞りなく返済を行っていけば少しずつクレヒスは回復していきます。

多大な時間を掛ける必要があるでしょうが、この方法以外にクレヒスを回復させる事は出来ません。
一度失った信用を取り戻すには長時間かけなければいけません。

地道な努力が必要になってくるのです。

カードが利用停止にならない現金化を目指す

カードが利用停止にならない現金化を目指す

クレヒスがよければ、高額商品の購入をしてもカードが利用停止になる事はありません。
信用があるという事はどのような優良の現金化業者を利用するよりも安全であると言えます。

なので普段からクレジットカードの支払いは滞りなく行わなければいけません。
クレヒスを良くする事が安全な現金化サービスの代表と言えるでしょう。

クレジットカード現金化比較口コミサイト【日本最大級】マネプラのTOPへ戻る