クレジットカード現金化を暴く~サービスの詳細とは?~


クレジットカード現金化を暴く方法その1

クレジットカード現金化についての詳細情報を知らない当方は多いのではないでしょうか?
今回はそんな現金化業者の行うサービスの内容についてに真実を暴いていこうと思っております。

まずはクレジットカード現金化が危ないと言われている理由を調査させていただきたいと思います。

故危険?クレジットカード現金化のサービス

故危険?クレジットカード現金化のサービス

まずは危険と言われるには当然それなりの理由があるはずです。
では、このクレジットカード現金化の場合何が危険と言われる理由なのでしょうか?

調査を行いその理由の原因をピックアップしてみました。

クレジットカード現金化が危険と言われている理由

クレジットカード現金化が危険と言われている理由

調査した結果以下の様な理由により危険だと言われている事がわかりました。

詐欺業者の被害に遭う
換金率が下がる
逮捕されるかもしれない

主にこの3点が懸念材料となっているようです。

では、実際にこのような事は起こるのでしょうか?
クレジットカード現金化業者のサービスについての調査結果と共にその真偽を暴いていきたいと思います。

クレジットカード現金化を利用したら詐欺に遭う?

クレジットカード現金化を利用したら詐欺に遭う?

こちらの情報はあながち間違いではないようです。

実際にクレジットカード現金化業界には詐欺を働く現金化業者が居ました。
ここで注目するところは『居ました』という過去形の言葉です。

事実一昔前には詐欺を働く業者も多く存在していた現金化業界ですが、近年のネット普及による情報の共有速度により業者のサービスを多くの人が知ることが容易になりました。

この結果、詐欺などの悪質サービスを働く業者はたちまちネットで晒され利用者が訪れなくなります。
以上の結果現在の現金化業界に於ける詐欺業者の数は劇的に減少しているようです。

一回の収益が多くとも犯罪を犯してまで行う利益にならないのが一番の理由と言えますね。

以上の理由から詐欺を行っている現金化業者の数は少ないという事がわかります。

換金率が下がる理由は?業界暗黙のルール

換金率が下がる理由は?業界暗黙のルール

次に懸念されているのが換金率に関する問題です。

皆さんは現金化業者の換金率表や最高換金率を見た事がありますか?
こちらに書かれている換金率は実際に適用される換金率と異なります。

これは事実です。

しかし、これは詐欺の類ではありません。
しっかりとした理由があるのです。

その理由が、現金化業者の消費税手数料の問題です。
クレジットカード現金化業者は商品を買ったり売ったりしている業者になります。

その為、当然消費税が掛かります。
この消費税が適用された換金率から引かれているのです。

そして更に、現金化業者の純粋な利益である手数料です。
この手数料が引かれる為、換金率が下がるという内訳となっています。

最近ではそうでもありませんが、この手数料と消費税について詳しく知らないという方が多く、手数料と消費税にが引かれた換金率を見て詐欺にあったと思い違いしてしまうのです。

このように換金率が下がるのはどの現金化業者でもある程度一緒なのであまり気にしてはいけません。

使ったら逮捕されるかもしれない?

使ったら逮捕されるかもしれない?

クレジットカード現金化という行為を行うと逮捕されるという噂が広まっているのですが実際の所どうなのでしょうか?

事実、過去にクレジットカード現金化を利用して逮捕された現金化業者は存在しています。
しかしこの業者が逮捕された理由は貸金業法違法によるもので、クレジットカード現金化を利用したからという事ではありません。

では、何故貸し貸金業法に違法したのか?
先程、現金化業者は商品を売り買いしている業者といったのを覚えているでしょうか?

そして、商品を売り買いしているからこそ消費税が発生して換金率が下がるのだとも言いました。

貸金業者には消費税は関係ありません。

とられるのは利子と手数料のみです。
しかし、それは貸金業者のサービスだからこそです。

では、クレジットカード現金化業者のサービスはどうでしょうか?
クレジットカード現金化業者のサービスには『利子』という物はありません。

その為、貸金業者とクレジットカード現金化業者はまったく違うサービスである事がわかりますよね?

ここからが本題です。

クレジットカード現金化のサービスから商品の売買をなくした場合、それはただお金だけが業者と利用者を繋ぐものになってしまいます。
そうなると、このサービスは『お金を貸しているだけ』になってしまいますよね?

逮捕された業者はここが問題でした。
商品を送らずに現金のみを送金していたという事なのです。

その為、貸金業なのでは?と国に突っ込まれ貸金業法違法の疑いで逮捕されてしまったのです。

しかし業者は逮捕されましたが利用者が逮捕される事はありませんでした。
ここまで大きな事件だったにも関わらずです。

更に利用者が逮捕された事は今まで一度もありません。

つまり、業者は逮捕されますが利用者が逮捕される事は今のところ無いという事がわかります。

油断は禁物のクレジットカード現金化サービス

油断は禁物のクレジットカード現金化サービス

詐欺業者の被害に遭う
換金率が下がる
逮捕されるかもしれない

この3点について、業者のサービスと同時にご説明させていただきました。

全て安全であるという結果を出しましたが、これは全て優良の現金化業者を利用したならばという条件をつけています。
つまり、安易に選んだ現金化業者では被害にあう可能性が充分に考えられるというkとなのです。

換金率もバレない程度の加減で大幅に下げられるかも知れませんし、サービスが適当だったため気付かぬ内に違法行為をさせてられていてもおかしくありません。

その為、クレジットカード現金化のサービスを利用するのであれば必ず優良の現金化業者を利用するように心掛けましょう。
これは換金率云々の問題ではなく、自分自身を守るために必要な行為なのです。

自分を守ってくれるのは、警察でも法律でもありません。あなた自身なのですから。

クレジットカード現金化比較口コミサイト【日本最大級】マネプラのTOPへ戻る】