クレジットカード現金化で身分証が必要な理由を解説


クレジットカード現金化の身分証について

 
クレジットカード現金化には審査は存在しません。
現金化は法律的には融資ではなく、利用者の商品を買い取るだけなので、利用者の資産状況や信用情報は関係がないのです。

しかしながら、クレジットカード現金化業者を使うと必ず言われることが『本人確認が必要になります』との言葉。
その言葉のあとには必ず身分証の提示を業者に求められてしまいます。

なぜ、審査がないはずのクレジットカード現金化で身分証が必要となるのでしょうか?

今回はクレジットカード現金化で身分証の提示が求められる理由を探ってみようと思います。

現金化で身分証が必要なのは中古品買取のため

クレジットカード現金化で身分証が必要な理由

クレジットカード現金化は融資ではなく、利用者が購入した商品を買い取る中古品買取としての仕組みで成り立っています。

そのため、法律上は古物営業法に該当し、利用者の身分証を確認しなければならないのです。
 

第十五条  古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとするときは、相手方の真偽を確認するため、次の各号のいずれかに掲げる措置をとらなければならない。
一  相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認すること。
二  相手方からその住所、氏名、職業及び年齢が記載された文書(その者の署名のあるものに限る。)の交付を受けること。
三  相手方からその住所、氏名、職業及び年齢の電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法をいう。以下同じ。)による記録であつて、これらの情報についてその者による電子署名(電子署名及び認証業務に関する法律 (平成十二年法律第百二号)第二条第一項 に規定する電子署名をいい、当該電子署名について同法第四条第一項 又は第十五条第一項 の認定を受けた者により同法第二条第二項 に規定する証明がされるものに限る。)が行われているものの提供を受けること。
引用:古物営業法

 
要するに、盗品の売却を防ぐために本人確認をするってことですね。

また、クレジットカード現金化ではカードの成りすましを防ぐ意味合いもあります。
クレジットカード現金化はショッピング枠を換金するサービスです。

そのため、誰でも使うことができてしまえば落ちていたカードですら暗証番号もなしに不正利用できてしまいます。

そうなれば警察が介入してくることになりますので、そういったトラブルを避けるためにも本人確認が必須となっているのです。

これはどこの業者でも同じことであり、本人確認をしなければ現金化を利用することはできません。
クレジットカード現金化を利用するときは身分証を事前に用意しておいたほうが良いでしょう。

 

現金化業者に提示する身分証の種類は?

現金化で必要な身分証の種類

 
現金化業者を利用するためには本人確認のために身分証が必要となります。
そして、提示する身分証はなんでもいいというワケではありません。
 

  • ・運転免許証
  • ・マイナンバーカード
  • ・パスポート
  • ・宅地建物取引士証

 
などの顔写真のついた身分証でなければ現金化を利用することはできません。

顔写真のない身分証の場合は公共料金の領収証など、現住所に住んでいることが証明できるものが必要になります。
基本的には顔写真のついた身分証の提示が一番スムーズに取引を行えますので、事前に用意しておいてくださいね。
 

どうやって現金化業者に身分証を提示するの?

現金化での身分証の提示の方法

 
身分証を提示するとき、実際に会って取引をするワケではありませんのでその場で見せることはできません。
そのため、身分証を携帯・スマホの写真に撮って業者に送ることで本人確認をします。
 

  • ・身分証の表面
  • ・身分証の裏面
  • ・身分証と一緒に写った顔写真

 
この3点を現金化業者に送ります。
申し込みをすれば本人確認の手順を業者が教えてくれますので、わからなくなったら業者に確認してみてくださいね。

 

現金化業者に身分証を不正利用されない?

悪質な現金化業者による身分証の悪用について

 
現金化業者に身分証を提示するときに多くの人が思われるのが「業者に身分証を悪用されたりしないだろうか?」という不安です。

身分証に書かれている個人情報だけでも名前、住所などの重要な情報が記載されています。
また、インターネット取引では身分証の写真で本人確認が取れますので不正利用されるのではと思われる方が多くおります。

しかし、その心配はありません。
現在には個人情報を不正利用する現金化業者は存在せず、法律を守るため身分証の提示をお願いしている業者がほとんどなのです。

その理由は警察がそういった現金化業者をすべて逮捕したことにあります。
2011年、初めて現金化業者が逮捕されて以来、そういった悪質な現金化業者はすべて逮捕の対象となりました。

そのため、現在営業している現金化業者であれば個人情報を不正利用されることはないのです。
 

クレジットカード現金化の身分証のまとめ

クレジットカード現金化の身分証に付いてのまとめ

 
いかがでしたか?

クレジットカード現金化は身分証が無くては利用できません。
身分証を提示することに不安を覚える方もいるかもしれませんが、優良店で現金化をすれば悪用されることはありません。

現金化を利用するときは身分証を用意してから利用してくださいね。

また、身分証が悪用されることはないとはいえ、換金率詐欺をする悪質業者はまだ存在します。
そういった業者を避けるためにも、現金化では高換金率で取引をしてくれる優良店を利用したほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化の優良店はこちらでご紹介していますので、ぜひこちらを参考にしてみてください。