クレジットカード現金化の違法性を法律から探る


クレジットカード現金化の違法性について

 
「クレジットカード現金化って違法なの?」
 
突然ですが、あなたはこのような疑問を抱えてはいませんか?
クレジットカード現金化はカードのショッピング枠を現金に換金する行為です。
 
今までに何社も現金化業者が逮捕されており、その違法性に疑問を持つ人も少なくありません。
 
しかし、実際のところは現金化が法律で禁止されていることはなく、逮捕された現金化業者は取引方法に問題があったため摘発されただけなのです。
 
今回はクレジットカード現金化の違法性についてお話をしますので、違法性について疑問のある方はぜひご覧頂けたらと思います。

 

現金化サービスごとに適用される法律について

現金化サービスで適用される法律

 
クレジットカード現金化に限らず、どんなサービスも法律に則って取引をしています。
たとえば、飲食店であれば食品衛生法や風営法などですね。
 
そして、クレジットカード現金化もサービスごとの法律に則ったサービスをしているのです。
現金化サービスにはいくつか方法がありますのでそれぞれに適用される法律を詳しく見てみましょう。

 

商品買取方式

商品買取方式の現金化の法律

 
商品買取方式とは、利用者に指定の商品を購入してもらい、それを買い取ることで買取金額分のお金を現金化する方法のことです。
利用者の所持品を買い取っていますので、商品買取方式は厳密には中古品買取業となります。
 
となれば、適用される法律は『古物営業法』ですね。
こちらは中古品を買い取るときに守らなければいけない法律でいくつか事柄があります。
 

古物営業許可法
  • ・古物営業許可証を警察署より取得している
  • ・買取のときに身分証の確認をすること
  • ・サイト内に営業許可番号を提示する

 
こちらが古物営業法で義務付けられている条件ですね。
 
クレジットカード現金化の優良店ではサイト内に必ず営業許可番号を掲載しています。
また、利用のときには必ず身分証の確認をしており、身分証の確認が無ければ利用することはできません。
 
古物営業法の条件をすべて守っていますね。
法律の観点から見ても、商品買取方式は違法ではないと言えます。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式の現金化の法律

 
キャッシュバック方式は、利用者にキャッシュバックの特典の付いた商品を購入してもらうことで決められた率の購入金額の還元をおこなうサービスです。
スーパーやコンビニなどで貰えるポイントが現金になったと考えてもらえばわかりやすいかなと思います。
 
このキャッシュバック方式は福引と同じで『もれなく型』に該当しますので、適用される法律は『景品表示法』となります。
 

景品表示法
  • ・景品にできるのは商品購入額の20%まで
  • ・優良誤認を招く広告の禁止
  • ・有利誤認を招く広告の禁止

 
こちらが景品表示法の条件ですね。
有利誤認や優良誤認はどちらも商品の誇大広告を防ぐものだと思っておきましょう。
 
ここで注目していただきたいのが商品購入額の20%までしか景品をつけられない点です。
 
本来であれば、キャッシュバックは10万円の商品購入で2万円までしかすることはできません。
しかし、キャッシュバック方式では80%~85%のキャッシュバックをおこなっています。
そのことからキャッシュバック方式は違法と言われることもあるのです。
 
ですが、その認識は間違っています。
というのもキャッシュバックによる返金は値引きとして対処されますので、20%以上でも可能となっているのです。
 

キャッシュバックなどの方法により,取引通念上妥当と認められる基準に従い,支払った代金の割戻しを行うことは,値引と認められる経済上の利益に該当し,景品規制の適用対象とはなりません。
参考:消費者庁

 
これならキャッシュバック方式の還元率も何も問題ありませんね。
景品表示法に違反していませんので、キャッシュバック方式も違法とならない方法と言えます。

 

現金化業者が逮捕された理由・原因

現金化業者が逮捕された理由

 
このようにどちらの方法でもクレジットカード現金化は違法ではありませんでした。
では、なぜ現金化業者が逮捕されてしまうことになってのでしょうか?
 
実は逮捕された現金化業者はすべて商品取引を偽装して利用者にお金を渡していたのです。
 
法律を見てもらえばわかるように、現金化では商品取引が必ずおこなわれています。
そのため、古物営業法や景品表示法が該当するのですが、実際に商品の売買がされていなければこれらの法律は適用されません。
 
その場合は貸金業法が適用されますので貸金許可証を持っていない業者は逮捕されてしまったのです。
クレジットカード現金化は商品の取引をしていなければ違法となるサービスです。
 
違法な取引をしたくないのであれば、誠実な優良店を探してそちらを利用するようにしたほうがいいでしょう。

 

クレジットカード現金化は違法ではありません。

クレジットカード現金化は違法な取引ではない

 
いかがでしたか?
 
クレジットカード現金化は怪しい違法な取引だと思われることもありますが、実際には法律を守った合法的なサービスです。
決して、違法な取引ではありませんので安心して利用しても問題ないでしょう。
 
とはいえ、それは正しい現金化方法で取引をしていた場合の話です。
商品の受け渡しをしていなかったりなどの正式な現金化取引をしていなかった場合は違法となる可能性は否めません。
 
利用者が巻き込まれる可能性もありますので、現金化をするときは口コミで評判の高い誠実な業者を選ぶようにすると良いでしょう。
優良店と評判の高い現金化業者はこちらで紹介しています。
 
こちらなら安全で高換金率な現金化をすることができますので実際に現金化をするときはぜひ試してみてくださいね。