現金化業界の換金率が違う問題を徹底解説


現金化業界の換金率が違う問題を徹底解説

クレジットカード現金化を利用した事がある人は、換金率が違うという事を経験した事はありませんか?

換金率が違う。という現象は多くの比較サイトでも言われているように、どこの現金化業者でも起こる事となっています。

では、なぜこの換金率が違うという事は起こってしまうのでしょうか?
それにはちゃんとした理由があったのです。

今回はこの換金率が違う理由をご説明させていただきます。

最大換金率を当てにしてはいけない

現金化業界の最大換金率は基本的に90%を超えている事が多く、初めて現金化業者を利用する方はこの最大換金率が適用される物だと思ってしまう方は多くいます。
しかし、実際の所この最大換金が適用されるという事は基本的には存在しません

なので現金化を行った時に想像してた換金率よりも圧倒的に低い換金率での現金化を行う方も多かったのではないでしょうか?
なぜ換金率が下がるのか?という理由ですが、そこには2つの要因があるのです。

消費税と手数料の問題

消費税と手数料の問題

よく勘違いされているんですが、クレジットカード現金化サービスは貸金業ではありません

クレジットカード現金化業者の商品は現金では無いからです。
実は現金化を行う際には必ず何か商品を介してやり取りを行っているのに気づいていましたか?

  • キャッシュバック方式
  • 商品買取り方式
  • アマゾンギフト券現金化

この3つの現金化方式もちゃんと商品が関わっているのです。

しかし時折、消費税・手数料称して換金率を低くするという現金化業者もいますので気をつけてください。
詳しくはこちらをご覧ください。
実は高額!?クレジットカード現金化の手数料について解説

キャッシュバック方式

商品を購入してキャッシュバックとして現金がついてくるクレジットカード現金化サービスの1つです。
この現金化方法は商品を購入する為、どうしても消費税が掛かってきてしまいます。

そこから現金化業者の利益となる手数料を差し引く為、換金率は大きく変化します。
これがクレジットカード現金化サービスの換金率が下がる理由です。

では、商品買取り方式の詳細も見ていきましょう。

商品買取り方式

商品買取り方式

商品買取り方式には消費税は存在しません。
しかし、中古の商品を売っての商売は利益を出さなければいけません

その為、商品買取方式の現金化方法は『換金率をより下げて』現金化を行なければいけません。
中古ショップ、リサイクルショップでも同じような事が行われているのは皆さんもご存知だと思います。

最近では万引き防止の為、新品の買取は行っていない店舗は珍しくありません。
リサイクルショップ、中古店をりようした場合、換金率は大きく下がって高くても60%以下になってしまう事がほとんどです。

アマゾンギフト券現金化

アマゾンギフト券現金化

こちらの現金化方法は上記の2点とは打って変わり手順が複雑で専門的な知識も必要になります。
それ故に現金化業者に頼まなければ行えない現金化方法とも言えるでしょう。

利便性も高く、クレジットカードを持っていない人でも利用できたりもする現金化方法となっているんです。
その分『特異なサービス』という事で手数料が他の現金化業者よりも少し高くなってしまいます。

しかし需要もある商品なので業者側は換金率を下げるという行為をあまり行いません
市場に出してもすぐに売れる。というのがこの商品の一番の利点ですからね。

一回の利益よりも小さく多く利益を上げようとしているのがこの業者の特徴でもあります。

現金化業界の平均換金率

現金化業界の平均換金率

色々と現金化方法をご説明させていただきましたが現金化業者の換金率は平均75%前後に落ち着くと言われています。

確かに75%前後では最高換金率の90%以上という換金率とは程遠いかもしれませんが、現金化業界には90%以上で現金化を行ってくれる現金化業者は存在しません
現金化業界では換金率80%を超えれればそれは優良の現金化業者として紹介されてもおかしくない程の現金化業者という評価になるのです。

なので皆さんが『低い』と思っている換金率は案外換金率の高い現金化業者だったのかも知れませんね。
マネープラザでは換金率の高い現金化業者から、接客対応の良い現金化業者など数多くの優良業者を揃えておりますので是非ともご利用ください。

TOPページ|クレジットカード現金化比較口コミサイト【日本最大級】マネプラへ戻る