クレジットカード現金化の悪質業者とはこれだ!


クレジットカード現金化の悪質業者とはこれだ!

緊急事態で現金化業者を利用したい!
しかし、悪質業者というものがいるらしく利用するのが怖い。

という方はこの記事をご覧ください。

この記事を読めば『悪質業者がなんなのか?』『悪質業者を利用しない方法』まで誰でも簡単にわかってしまうんです。

1.悪質業者はどの様な業者なのか?
2.悪質業者の手口は?
3.利用しないためには?

というような事をご紹介いたします。

悪質業者とはどの様な業者?

悪質業者とはどの様な業者?

クレジットカード現金化を一度は利用しようとすると耳にする『悪質業者』という単語ですが、そもそも悪質業者がどの様なことをして来るのかを知らない人も多いのではないでしょうか?

そこで、悪質業者を利用して起こった被害を調査してみました。

1.振り込み金額が違う
2.必要ない個人情報まで聞きだされた
3.現金が振り込まれない

以上の被害が良く報告されています。

ではこの手口を確認していってみましょう。

振り込み金額が違う

振り込み金額が違う

この振込み金額が違う。というのは申し込みの電話で言っていた金額と実際に振り込まれている金額が違うという被害です。
例えば、申し込みでは5万円といっていたのに実際に振り込まれた額は4万円、というような酷い結果になってしまう悪質なサービスとなっています。

この悪質な手口は、先に換金率と振込み金額を伝えて現金化利用者を安心させた上で行うものです。
悪質業者の言い分は、

換金率は伝えましたが、振込み手数料として○○円頂いております。

というようなもの。
この悪質な手口の対処方は『振り込まれる際に振込み金額』ではなく、手元に届く金額を確認することをオススメいたします。

そうする事で、手取りの金額がわかるので振り込まれている現金がちゃんとその額になっているかを確認しておきましょう

必要ない個人情報まで聞きだされた

必要ない個人情報まで聞きだされた

必要ない個人情報まで現金化を利用する際に聞かれた個人情報が、後々調べてみると必要のないところまで聞かれている。という被害は後を絶ちません。
この悪質な手口のわかりにくい所は、本当に必要な情報かどうかがわからない。という所にあります。

まず、クレジットカード現金化は貸金業ではありませんので勤め先の住所や、年収、実家の住所や両親の名前という情報はクレジットカード現金化業者には必要のない情報です。

クレジットカード現金化サービスは通信販売のようなものと思っていてください。
アマゾンやヤフーオークションで商品を購入した時、相手に勤め先の住所や、年収、実家の住所や両親の名前などを教える事はありませんよね?

そもそも審査が必要ないサービスなのになぜ個人の情報以外の情報も教えなければいけないのでしょうか?
これから現金化業者を利用する際には個人情報の提示には充分に注意しましょう。

現金が振り込まれない

現金が振り込まれない

このパターンが一番最悪の状況だといっていいでしょう。
ここまでくると完全に犯罪の域まで来てしまっています。

基本的には現金化を依頼した業者が『消失』という形で現金が振り込まれない問題に発展します。
この手口の対策は、

1.甘い話には乗らない
2.振込みまでの時間をしっかり調査する
3.本人確認が要らない現金化業者は利用しない

こ3つの事を念頭に現金化業者を利用したり、少しでも怪しいと思ったらすぐに利用を止めるという事は重要かと思われます。

一番の対策は優良業者の利用

1番の対策は優良業者の利用

それでも悪質業者に引っかかってしまう場合は充分にありえます。
悪質業者も無知ではありません。

対策を採られている事ぐらいは重々承知しているはずです。
新たな手段と手口で悪質なサービスを働くのは目に見えていますからね。

まだ対策手段がわからない手口にはどうする事も出来ません。
それならば、もう既に悪質ではないとわかっている業者を利用するという事が今の利用者が出来る対策という事でしょう。

そこで、今現金化業界で優良と言われている業者をご紹介させていただきます。
業者選びの参考にご活用ください。