クレジットカード現金化を利用した場合債務整理は利用できない?


『クレジットカード現金化を利用したら債務整理や個人再生のような救済措置を受ける事が出来ない?』とお考えの方は居ませんか?

今回はそんな悩みをスッパリ解決するために、本当に債務整理が出来ないのか?という事を実際に調査して見る事にしました。
ではまず、『債務整理』『個人再生』とはなんなのか?という事をお教えさせていただきます。

債務整理・個人再生とは?

債務整理・個人再生とは?

皆さんは『自己破産』という単語を聞いた事はありませんか?

債務整理と個人再生は、この自己破産の前段階に位置する借金を軽減するシステムなのです。

軽い順番は
1.任意整理
2.個人再生
3.自己破産
という順番になっています。

では、どのような分類の仕方なのでしょうか?
そちらを確認してみましょう。

任意整理

この救済方法は、リボ払いやカードローンなどに生じた利息を取っ払い、元本の借金のみを返済できるようにする方法です。
利息さえなければ返済はとっくに終わっているのに!』という悩みを解決する為の方法なのです。

個人再生

こちらは任意整理よりも更に借金の返済を早めるための方法。
利息の全カットおよび3~5年以内に借金の返済を完遂する為に元本の一部カットも視野に入れている方法になります。

自己破産

こちらは簡単に言えば借金が帳消しになる必殺技と言えます。
利息も元本も全てが0になり借金のない人生を送る事が可能になるのです。

自己破産のデメリット

自己破産を行った場合、新しく借り入れをする事が出来なくなります。
期間は約5~10年の間。

更に裁判所に破産の申し立てを行わなければいけません。
それが唯一のネックポイントとも言えるでしょう。

クレジットカード現金化は自己破産は厳しい

クレジットカード現金化は自己破産は厳しい

自己破産を行えば借金は帳消しになりますが、クレジットカード現金化を行ってしまっている場合の自己破産は難しいといわれています。

自己破産の条件に『信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと』があった場合には自己破産を行う事ができません。
つまり、損をするとわかっていて信用取引(クレジットカードなど)で購入した商品を売って出来た借金は自己破産させませんよ。という事です。

クレジットカード現金化はこの方法に当てはまってしまう為、自己破産は厳しいと考えられるでしょう。
しかし、本人の反省の意思やわかってやっているかどうか?という所も深く関わってくるので、クレジットカード現金化を行っていても一概に出来ないとは言い切れません。

自己破産以外ならできる?

自己破産以外ならできる?

自己破産が難しいだけであって先に説明した任意整理と個人再生を行う事は自己破産を行うよりも簡単であると言われています。
その理由はこの2つの方法は裁判所に行かなくても行う事が出来るからなのです。

この2つの方法は弁護士と相談して自己破産を行う事が可能なのか否か?という会話の延長線で伺うのが一番でしょう。

自己破産をしたいからと言って、弁護士に嘘を吐いてはいけません。
事実が違う為、余計にややこしくなり減らせる事が出来たものすら減らす事が出来なくなってしまいます。

自分の身から出た錆なのでしっかりと受け止めるところは受け止めなければいけません。
クレジットカード現金化とはそのようなリスクを承知の上で行う資金調達方法なのです。

だからと言って余分に払う必要もありません。
削れる部分は削り、自分が払うべき金額を払うという事で問題はないはずです。

どうしてもクレジットカード現金化に頼らなければいけない。という方も当然居るでしょう。
命に関わる問題の可能性もあります。

利用したらどうなるかを調べて、覚悟が決まったのであれば次は損をせずにいい業者を利用する事が義務なんです。

当サイトでは優良の現金化業者を調査しご紹介しておりますので、業者探しの際には当サイトをご利用ください。

【日本最大級】マネプラのTOPに戻る】